お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7302-5556

再診・その他のお問い合わせ

03-6277-8282

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

遅延型フードアレルギー だるい

遅延型フードアレルギー  聞きなれない言葉ですが  プロテニス ジョコビッチ選手が
そういうアレギーで苦労した事で 話題になりました。

ジョコビッチの食事という本に詳しく 書かれています。

ジョコビッチ選手は 小麦粉に含まれるグルテン チーズ トマト これらがアレルゲンでした。

かれはフルセット 体力が持たない 根性がない とか色々と批判を受けたそうです。

かれの試合をテレビで見ていた 名医がアレルギーを見破り 4週間の除去食をすすめ
結果 今のパフォーマンスを手に入れたとのこと。

ちなみに かれの実家はピザ屋 まさにマルゲリータピザ そのものですね。

食品アレルギーというと カニを食べると 体が痒くなる。 これは即時型のアレルギー

遅延型というのは 数日後に症状ででて 原因が分かりにくい種類です。

フードアレルギーは血液検査でわかります。 日本の保険適応の検査は即時型のみ
対応しているそうです。

抗体のタイプが異なるので 血液をアメリカに送って調べます。

この検査は 自由診療となるので 費用が5万円ほど かかるそうです。

どんなに色々と検査しても 体がダルイ 何年も皮膚科に通っているが 改善しない

こういう人は 遅延型フードアレルギーを疑ってみるべきでしょう。

PAGE TOP